懐かしい恐怖

微妙にねこちゃんとの距離が近くなり、私が近くに行っても逃げない時、私の方が恐怖を感じることがあります。
ひゃっ!近!!
目を見たらダメだ!飛びかかってくるぞ!!

と、半ば本能的に感じるのですが、これは、30~20年前に飼っていた、初代ねこさんの記憶です。懐かしい~~

慣れていた2~4匹目にはこんな風に思ったことなかったけど、初代は本当に怖いねこさんだった…。
人嫌いは仕方ないとして、積極的に人に近寄って飛びかかって噛み付くという、家族全員、噛まれて腫れた経験があるねこさんでした。
本気で噛むんだもんなー。

真冬の雪の中から妹が救出してきたねこさんで、そのためなのか、おそらく脳障害があったようです。
でも、初めて飼うねこさんだったから、「ねこってこんなんなんや」で済ませていました。2年後に2匹目が来た時は、逆に「普通ってこんなんなんや!!」と、びっくりしましたが。

日常的に警戒して初代と暮らしていたので、警戒しているぷーちゃんがそばにいると、その時の感覚が戻ってくるようです。

襲いかかって来ないでね(笑)
スポンサーサイト

コメント

Secret

こんばんは^^

ぷーちゃん、家猫さんのお顔になってますね、お顔も可愛いくなって(つД`)ノ感動です

ぺろちょさんの初代猫ちゃんも飛びかかってくるタイプの猫ちゃんだったのですね。

主人の実家の猫ちゃんもそんな感じでみんな怪我をして主人は病院に行ったそうです。
それで主人は子供の頃は猫が怖かったらしいです(^_^;)

らき王
「ぷーちゃん、ぺろちょさんのような懐の深い優しいお母さん、なかなか出会えないにゃ。飛びかからないでだにゃ。パンチもせず大切にするにゃ!」

りりちゃん、褒めて褒めて褒めまくって後半少し撫でれるようになりましたが、それでもぷーちゃんが怒り心頭の時は一緒に怒りはじめていました(^_^;)

正確には最初ガタガタ震えて固まっていましたが少し慣れたら怒りはじめました。ケージからも1週間以上でてこずでした。

来客の時もガタガタ震えて譲渡会の時もガタガタ震えていたようです。

ぺろちょさんに迎えられてからはすぐにのびのびウロウロ、もう感情を出しているようで慣れが早いなぁと思います。

きっと私のことは、嫌なこと沢山してムカつくけど世話してくれるし褒めてくれるから、まぁ良いかな〜くらいだったと思われます^^笑

No title

らき王さま、下僕さん、こんばんは!

旦那様のご実家の猫ちゃんもですか!
本当に怖いんですよー。目が合うとふらふらっと寄ってきてパッと飛びかかるんです。なので、近くでぷーちゃんと目が合うと反射的に「ヤバい!」と感じてしまいます(笑)

ぷーちゃんも怖いだろうからお互いさまなんですけどね〜。

爪も切れていないから、らき王さまの言うとおり、パンチもご勘弁です〜〜

なるほど、りりちゃんは褒めて褒めて褒めまくるんですね!アドバイスありがとうございます!

下僕さんには、ブラッシングでゴロゴロ言うまで心開いていたのに、せっかく通じ合ったところでまた引き離されて、悲しいんじゃないかな…と思います。早く私とも仲良しになってほしいなぁ〜。
プロフィール

ぺろちよ

Author:ぺろちよ
ねこネームぺろちよです。ねこネームとは、ねこさまが私が人間であるにもかかわらず、名誉ねことして認めたときにねこ側が私を呼ぶ名前です。まだまだ、名誉ねこと認められる道半ばですが、精進してまいります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR